スポンサーサイト

2016.02.14 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    木村孝洋4

    2015.10.20 Tuesday

    0


      2001年、ヴァレリー?ニポムニシ率いるサンフレッチェ広島トップチームのヘッドコーチに昇格する[2]。同年12月にはヴァレリーの帰国に伴い監督代行に就任し[4]、天皇杯2試合を指揮した。2002年、ガジ?ガジエフ監督就任に伴いヘッドコーチに復帰する[2] も、同年7月に成績不振のためガジエフが解任、それを受けて監督に就任した[1][2]。ただ、先発メンバーを固定しなかったためチームは混乱し、その上チームからまともな補強をしてもらえなかったのも災いし、7連敗(2011年現在クラブワースト記録)を喫するなど更にチームは低迷した[5][6]。同年11月には監督としての全権限を小野剛ヘッドコーチに移管され、木村は名目上の監督となってしまう[7]。同年末、チームはJ2降格しシーズン終了後責任を取り辞任した[1][8]。その後、木村を監督に起用した今西和男総監督も辞任している[9]。

      その後は、広島強化部育成部門のコーチとなり、2003年から日本オリンピック委員会スポーツ指導者海外研修員としてアーセナルFCで研修している[1][10]。

      その後[編集]

      2005年、なでしこリーグに新規参入する東京電力女子サッカー部マリーゼと監督として2年契約を結ぶ[1]。同年度のリーグではカウンターサッカーと丸山桂里奈らの活躍などにより8チーム中4位で終えるも、翌年2006年度のリーグではポゼッションサッカーへの戦術変更の失敗に加え丸山や大部由美ら主力に怪我人が続出しベストメンバーが組めなかったため低迷を続け年間最下位となり、2部へ降格してしまった[11]。同年11月責任を取り辞任した[12]。