スポンサーサイト

2016.02.14 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    本田将也5

    2016.02.14 Sunday

    0


      この時、三浦知良の国外移籍を容認した前例のあるヴェルディ川崎(V川崎)から獲得希望があり、2ヶ月に渡る紆余曲折の末V川崎への移籍が決定した。この時の移籍金は、当時Jリーグ最高額の推定3億5千万円[2]。前園自身は移籍記者会見の席で、V川崎が国外移籍を容認したことを移籍理由の一つに挙げた。

      代表落ち〜海外移籍[編集]

      1997年、完全移籍したV川崎では前述の移籍騒動の影響でコンディシモンスターハートビーツBeats イヤホン ソロン不良となりパフォーマンスが低下、3月のフランスワールドカップアジア一次予選オマーンラウンドでの招集?出場選手登録(出場無し)を最後に日本代表落ちとなった。

      1998年10月、ブラジル?サンパウロ州の名門クラブ、サントスFCにレンタル移籍し、念願の海外移籍を果たす。10月18日、ブラジル全国選手権ポルトゲーザ戦に後半20分(65分)から交代で初出場、直後の66分に初ゴール。この後は出場試合数?時間は少なく、1999年に出場機会を求めてゴイアス州の強豪クラブ、ゴイアスECにレンタル移籍。移籍当初はゴイアス州選手権、コパ?ド?ブラジル(ブラジル杯)等に主力として出場していたが、次第に出場機会を失いシーズン途中で退団、その後は以前より移籍を希望していた欧州の各クラブ(スペイン?バジェカーノ、ポルトガル?ギマラエス、ギリシャ?PAOKサロニカ等)との移籍交渉、練習参加から仮契約まで交渉が進んだクラブも有ったが、結局本契約には至らなかった。