スポンサーサイト

2016.02.14 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スコッティ-ピッペン2

    2015.10.16 Friday

    0


      目次

       [非表示] 
      1 高校時代
      2 オーランド-マジック
      2.1 キャリア初期
      2.2 トップセンターとして
      3 ロサンゼルス-レイカーズ
      4 代表歴
      5 プレイスタイル
      6 その他
      7 主な業績
      7.1 受賞歴-スタッツリーダー
      7.2 最年少記録
      8 外部リンク
      高校時代[編集]

      高校の体育監督の父と元バスケットボール選手の母というスポーツ一家で育ったハワードは、高校はその父が勤めるバスケットの名門校サウスウエスト-アトランタ-クリスチャン高校でプレイした。在学中の4年間で129試合に出場し、16.6得点13.4リバウンド6.3ブロックの成績を残した。最終学年には25.0得点18.0リバウンド8.0ブロックの成績でチームを州チャンピオンに導き、全米で最も活躍した高校生選手に贈られるネイスミス賞を受賞、パレード誌選出のオールアメリカンにも選ばれた。この年のマクドナルド高校オールスターゲームでは19得点をあげてJ-R-スミスと共にMVPに選ばれている。初めてダンクに成功したのは13歳のときで、このときの身長は175cmだった。

      オーランド-マジック[編集]

      スポンサーサイト

      2016.02.14 Sunday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする